JPRiDE JPA1 MK-II 買ってみた 低価格 AACコーデック対応 Bluetooth イヤホン

2017年11月21日

最近、携帯電話の機種変更時期になりまして、これからiPhone8が出るとか色々話は出ているところですが、iPhone7に機種変更しました。

これを機にAACコーデック対応Bluetoothイヤホンを物色していたら、廉価かつ評価の高い、JPRiDE JPA1 MK-IIを購入してみました。

そもそもなハナシ、AirPodsもそうですが、iOSでは未だにAACコーデックとSBCしか対応していない現状です。

【問】iPhoneで再生するファイルがAAC形式なら、AACコーデック対応のBluetooth機器との組み合わせでは別のコーデックに再変換されず、AACのまま伝送されるから音が良いって本当ですか?

【答】現状では違います。送信側のiPhoneでAACから一度復元され、またAACに再変換されてから送信されるので、他のコーデックでの伝送と同じように、そこで再圧縮による音質ロスが起きます。

出典: www.phileweb.com

こちらの記事にあるように、どうせ効果音とのミキシングするために再変換したりBluetoothでの送信用に音質も劣化するならもっと普及しているコーデックかつ遅延も少ないaptXにも対応してくれれば選択の幅が拡がるんですがね(今のMacOSもaptXですし)。

というわけで、安くて評判の良いモノを探していたところ、JPRiDE JPA1 MK-IIのレビュー評価も高かったのが決め手になりましたね。

以下の記事が画像も盛り沢山で、分かりやすいレビュー記事じゃないかなと思います。
AAC対応Bluetoothイヤホン「JPRiDE JPA1 MK-Ⅱ」をレビュー
今回のイヤホンは、以前に常用していたイヤーピースである、JVC Spiral Dotが問題なく利用できるのが良かったです。
音の聴こえ方は人それぞれなので、もうこれは好みでしかないのですが、純正のイヤーピースより向上したと感じてます。
あとこの交換用イヤーピースは、サイズも豊富なので色々試して合わせてみると良いと思います。

装着感ですが、非常に軽くて付属のイヤーフックのおかげでしっかり装着できます。
リモコン部の重量を考えると、激しい運動には適していないとは思いますが、通勤などには問題ないレベル。

リモコンボタンの裏側にマイクの集音部があるので、会話とかするときは、そこのマイクの場所に気をつけて話せば、会話も問題ない感じです。

Bluetoothということで、気になるところは遅延ですね。
iPhoneで音ゲーなど、レイテンシを気にするようなアプリは使わないので、そんなに気にならないのですが、動画再生時にリップずれは若干気になりますね。
アプリと音声の転送タイミングによっては、かなり遅延してしまう場合もありましたので、その場合は動画の再生停止・再開、アプリ再起動などで今のところ回復しています。

いずれにしても、Amazonでも4,000円を切る価格で買えますし、JPRiDEは楽天Yahoo!ショッピングでもストアを展開しているので、各ストアで使えるポイントを持っているなら、そういったところで購入すると良いでしょう。
わたしはソフトバンクユーザーなので、機種変更などで期間限定ポイントがかなり付いたので、Yahoo!ショッピングのストアで購入しました。